Welcome to MYST

ふと、通りがかった所で見つけた古ぼけた本。
私はなぜかその本が気にかかり、ある時ふと手にとり
この本を読む機会を得た。

私がその本の最後のページを読み終わった瞬間、
急に身体がぐらりと後に傾き、そのまま本と共に、
床だと思っていた所に出来た深い穴へと落ちていく。

しばらくして気を失っていた私は、気が付きあたりを見渡すと、
目の前の光景に驚愕した。
なぜなら、目の前の景色は、今まで私の読んでいた物語に
描かれていた景色と全く同じだったからだ。

今まで私が読んでいたその本の名は、「MYST」と呼ばれる
不思議な本だった。



という訳で、どーもー。申し訳ない事に1年間もブログをほっぽりぱなしに
していたSILVER“我慢出来ない子w”ROOKでございます。^^;
ブログをほっぽりっぱなしにしていた間も、一杯ゲームを
やってましたが、めずらしく今日尚且つ本日付でやり始めた
新しいゲームのプレイ日記を上げて行きたいと思います!
はい、拍手~。
では、早速そのゲームの名前を発表いたします。
ドラムロールカモン!!

(ドラドラドラドラドラドラドラ......... )

そのゲームの名は........。

ジャン!!

「MYST」ですっ!!(堺 正章風)

いえーい、ぱちぱちぱち。
はい、今でもコアなファンが多いと有名なアドベンチャーですね~。
(人によっては環境ソフトとも言えなくはない。コアファンの方
ごめんなさい><)
えっ、タイトル冒頭の格好つけた文章でしゃべっているって?
気にしない、気にしな~い。きっと気のせいですww
しかもそんな古いゲームを引っ張り出すなって?
なーにを仰るウサギさん、なんにせよ「MYST」は去年PSPで
リメイクされたのですから、新作といえば新作でしょう!!(超断言)
.....はいそこー、所詮リメイクはリメイクとか言わないー。
こんな事言われ続けたら、プレイ日記かけませんがなww

こほん、閑話休題

という訳で、馴れ初めからプレイ日記はじまりはじまり~。

****************************

MYSTを知ったのは、まだ私が小さい時、MYSTの続編の
PS版RIVENのCMを見た所から始まります。

あの頃は、当時ではなかなか無いあの目を奪うほどの美麗な
グラフィックに心を奪われて、どうしても欲しかった
という思い出がよぎります。
画面の向こうに移る、もう1つのパラレルワールドに
MYST系がどんなゲームかも知らずに、
心をときめかせていた若き日の私。

それからかなりの日にちが経ち、RIVENがMYSTの
続編である事、MYSTはパソゲーである事、外国産の
洋ゲーである事、超絶難解なアドベンチャーゲーム
である事を知ります。
それしきの事で、情熱が冷めたら今の私は無かったでしょう。
確実に。ええ、絶対に。(超断言2)

そして、PSP版のMYSTを店頭で見た時に今度こそは
挑戦したいと意気込んでおりましたが、ここで最大の難関が!
それは、遥か昔にMYSTは画面が綺麗だけど超難しいと
私に散々吹き込んだ相方のFoolでしたw
難しい事は既に承知の上ですし、今の自分なら多少は
謎解きもいけるかな?と思っていましたから、
結局は情熱は冷めないまま遂にMYSTを手に取った
という所です。

まぁ、本当に手元に来るまでも秋葉のヨドバシに有った物を
目を付けていた矢先に無くなり、その後年末に相方の家
近くの中古ショップに有った者が、買おうと決めた瞬間
無くなっていたり、eBOOKOFFで注文して
来るまでお預け......。などなどetcetc。
「まだその時ではない!」とFoolに言われ続けながらも、
本日の朝やっと我が手元に来る事と相成ったのであります!

はー、はー。結構一気に来たから疲れたww
もう少しでようやくあの世界と出会う所だからガンバ♪
あっ、読んで下さっている方もここまで長いの
大変ですよね。(^^;
もうちょいで、プレイ日記開始です!

届いた直後、我慢出来ない子SILVERは(w
出かける直前というのにPSPを取り出し、UMDを
差し替えて、取説を何時も以上に丁寧に読んで
MYSTを始めたので御座います。

さて、電源を入れて.....って所で、長くなったので
その2を作りますです。(^^;
活目して待て!!

因みに、PSP版MYST公式HPはこちら
[PR]
by silverrook | 2007-01-11 23:39 | MYST
<< 美しき静寂の世界の中で 変わらぬ日々と変わる日々 >>