水の溢れる森

さーて、MYSTプレイ日記4日目。
今回も張り切ってまいります!!
さて、毎度毎度ですが、この日記はネタバレを含んで
いますので、一読の際はご注意を。

では、まずはハイライトから!!

メカニック時代(Mechanic Age)から戦々恐々で
帰ってきたSLVERは、気を取り直してセレーネ時代
(Selenitic Age)へと向かった。
セレーネ時代では音を頼りに進んで行き、ぱっと見順調かと
思われたが、船に乗り地下を進む際にどつぼに
はまって抜け出せなくなる。
何とか攻略サイトの力を借りてミスト島へ帰還する。
セレーネ時代から帰ってきたSILVERは、
早々に次の世界チャネルウッド時代(ChannelWood Age)
へと足を運んだのだった。


という訳で、今回はチャネルウッド時代を
散策したいと思います。(^^)
チャネルウッド時代は、生い茂る木々と湿地帯の様に
足までつかりそうな水が大地を占める世界です。
今まで訪れた世界とはまた違う趣があり、つい見とれて
しまいそうになりますが、気を取り直して謎解き開始!

まずは、適当に歩いて周囲を散策。
木の上にはツリーハウス、さらには水に浮かぶ桟橋が
この世界の道である。
桟橋にはなにやらパイプが張り巡らされており、他には
木で出来たエレベーターと意味ありげなレバー、
更にちょっと離れた所に岩場と風車が備え付けられていた
ログハウスを発見。

一通り動いたので、まずはエレベーターに乗ってみる。
.....予定通り動かない。(^^;
まぁいいや、今度はログハウスへ移動。
ログハウスには何やら大きな装置とタンク、
奥に進めたので進んでみると、パイプが水に浸かっている。
ああ、あの装置は水をくみ上げる為の装置か。
では、装置を動かそう。よいしょ......。
あれ、レバーを入れても動かない?(?_?)
色々クリックしてみても反応が無い。
外に出て他の装置を動かしてみる。同じく反応なし。
うーん、どうしよう。(^^;

その後、ログハウスのタンクの蛇口は捻れたのと、
外のパイプに水を各所へ通す切り替え装置を発見。
蛇口を捻った後には、辺りで水音がするがそれ以上の
事はさっぱり。(@_@)
余りにも分からないので、一時パニックに陥る。
MYSTが余りにも難しくて投げてしまった
先人の姿を、少々垣間見た瞬間でした。(^^;

攻略サイト様のお力をまたまたお借りする。
一応、ある程度では当たっていた様だが、最終的な
詰めが甘かったようであり、タンクの蛇口を捻り水を出す、
水を切り替えて特定の場所までは、予想として
当たっていたけれど、最後の最後である「どこに水を
送るか」が解っていなかったようだ。(==;
そこまで解れば、とりあえず水を特定の場所まで
送るだけである。

まずは、エレベーターまで水を送りそれに乗り込むと、
見事動き始める。するすると上へ上っていき、ツリー
ハウスが沢山立ち並ぶ2階へと到着。
ある程度うろちょろすると、またまたレバーを発見。
ガチャンと動かすと、奥にある下に下りる為の螺旋
階段へと通じるの扉開いた。
下に下りて今度は螺旋階段の横のエレベーターに
向かって水を流す。
流し終えた後に、螺旋階段のエレベーターで更に上へ
上がっていくと、今度は建物があるフロアへとやってきた。

とりあえず手短な小屋へと入っていく。
鉄で出来た戸を開けると、急に部屋が暗くなりぼぅっと
青い光が立ち上る。
青い光は赤い本のアクナーの顔になり、不思議な言葉を
発しながら消えていった。
何のこっちゃと思いながらも先へ進むと、ベットらしき
残骸と何やら小さな装置、その横に青いページが!
青いページを一応ゲットし、小さい装置を触ってみる。
ボタンを押すとアクナーの顔が!!しかも滅茶苦茶な
言葉をしゃべっている。
ほー、これはさっきの部屋に出てきた投影装置か。
人を驚かせようとしやがって!なんて悪趣味な!!
最後のボタンを押すと、アクナーではなくシーラスの
顔が出てきて何やらしゃべりだす。

早くページを探して来いと言ったような内容の話をして、
消えていった。
ん?シーラスはこっちの様子を掴めているのかな?
まぁいいやと言う事で、反対側にあるもう一つの小屋へと
向かい、戸を開ける。
中は普通に人が暮らしていた様な生活感がある。
引き出し、洗面所色々見ていると赤いページをゲット!
さぁ、ミスト島へ戻るぜぃ。(><)

ミスト島へ帰る為に一番下まで降りて、手の付けていない
桟橋の奥にあるレバー、更にその奥のエレベーターに
水を流して上へと上がる。
扉が開いた先には、小さな個室にMYSTの本!!
我先に接続書へ手を重ね、ミスト島のライブラリへ帰還。
その足で赤い本にページを還す。
シーラスの声は大分はっきりと聞こえるようになった。
相変わらずページを持って来いとうるさいがのと、もう1つ
弟のアクナーは悪魔だ、絶対青いページに触るなと
言って憚らない。
青いページを今還せば、確実に復活できるとか言ってたな。
と言う事は.....、一発逆転サヨナラホームランが
あるじゃん、アクナー君!!
よかったねー、助けるかどうかは微妙だけどw
それから、よく聞き取れなかったけどもうすぐ真実が
解るっぽい事を言っていたような気がする。
まぁ、もうちょっと黙っててくれや。(==)
ページ持ってくるからヒントを教えてくれと言いたくなるw

という訳で、最後の時代に行く準備をする。
この時代へ行くヒントも、最初にミスト島を訪れた時に
ある程度解ってはいましたが、完全には解りません
でした。^^;
とりあえず、解っている所だけやって最後は総当りでw
ヒントが星座なので、プラネタリウムや次の時代の本を
しっかり読んでやる。ぽちっとな。

すると、海の方からズズズンと音がする。
急いで行ってみると、何と船が何時の間にか浮き
上がっていたのです!!ビックリ~(@o@)
早速船に乗り込んで、船室を覗くと本を発見。
本を開いてみると、何時もの音と違う世界が。
という訳で、次の時代ストーンシップ時代(Stoneship Age)
へと辿り着いたのでした。^^

と言う事で、今回はこの辺で!
いよいよMYSTも佳境に入って来ました!!
後々、MYSTに関するまとめをここでしたいと思います。
ぜひとも、お楽しみに。^^

ちなみに最近覚えた、一度通った事のある道をスイスイ
通れる様になるZip移動を覚えました。
これがあると結構楽に移動が出来ますね~。
えっ、覚えるのが遅いって!?
まぁ、覚えるのも含めてまったり行きましょう~♪
では、また次回!!
[PR]
by silverrook | 2007-01-16 23:40 | MYST
<< 岩と灯台と暗闇 自然の奏でる音階 >>