岩と灯台と暗闇

はい、おまっとさんでした!(愛川 欽也風w)
MYSTプレイ日記も遂に5日目と相成りました。
さて、そろそろMYSTも佳境です。
攻略サイト様のお手を借りないと攻略出来ない有様ですが、
この調子で頑張りたいですので、最後までお付き合い
下さいませませ。^^
では、ここからプレイ日記に入りますが、相変わらず
ここから先はネタバレを含みますので、読まれる際は
ご注意願います。(^^;
では、何時もの様に前回のハイライトから!!

水と森の地チャネルウッド時代(ChannelWood Age)へと
やってきたSILVERは、美しい景色に目を奪われつつも
早速謎を解く為に行動を起こす。
だが、想いの外ヒントが見つからずMYSTを投げ出した
先人の思いをひしと感じつつ、やはり攻略サイトの
力を借りて、無事にページとミスト島へと帰る為の
接続書を見つけて帰還を果たす。
次の時代へと通じる接続書を見つけるのに少々苦労したが、
無事最後の時代ストーンシップ時代(Stoneship Age)へと
降り立ったのである。


はい、とうとう最後のページが置いてあるストーン
シップ時代の散策!
これで帰ればうるさいシーラスが黙ってくれるだろうと
淡い期待をしつつ早速散策を開始する。

まずは、辺りを見回してみる事にする。
自分が立っている場所は、船の船尾の部分。
目の前に見えるのは割と小さめな灯台と岩山、
岩山には横穴が掘られており、奥へ行ける様だ。
灯台は天井にある扉は鍵がかかっており、
床にもチェーンに繋がれた鍵が置いてある。
鍵が合いそうにないので、とりあえず移動。
横穴にも一応行ってみるが、中は真っ暗&先に進めない
ので一度帰る事にする。....暗いの怖い!(><;)

とりあえず岩山に沿って進んでみると、もう1つの横穴に
船頭部分だけで半分の船、更に登ると望遠鏡がある。
望遠鏡を覗いてみると、辺りを見渡せる。
目に付くものは灯台の頭位かな?
あまり重要ではなさそうだと感じたので、
一度元の場所に戻る。

降り立った地点から真後ろには3つのボタンが
置いてあった。
1つづつ押してみると、ゴゴゴゴという音がする。
ボタンを押しただけでは、どんな変化があったか状況が
掴めないので、面倒だがまめに移動をしてみる。

真ん中のボタンが押してあった状態で降り立った地点
近くの横穴に入る。
真っ暗けー、いやぁーと思いつつも奥をクリックすると
先へ進めたではないですか!!
ビックリしながらも一番奥まで行くと扉を発見。
ボタンを押して扉を開けると、調度品が置いてある
部屋に辿り付く。
何かあると直感で感づき部屋を散策すると、
引き出しの中に赤いページが!!
これでシーラスも文句はないだろうと、
即効で持ち出して来た道をそそくさと引き返していく。

出てきた後は他の変化場所を確認しつつ、
ボタンを1つづつおして他の場所も確認していく。
右のボタンを押した状態で灯台を覗きに行った時、
とある変化に気が付いたのです。
あれ、灯台にあった床下浸水が無くなっている?
そうです、灯台の床は水で充たされていたのですが、
右ののボタンを押した時に行くと、水が引いていて
下に下りれるではないですか!!

という訳で、螺旋階段をぐーるぐると降りていくと
一番下には宝箱が。
宝箱は押しても引いても開かなかったですが、
右下にあるコックを捻ると水が出てくる。
おー。と言う事は......
宝箱の水が無くなる+灯台の床下浸水=宝箱浮上!!
私ってもしかして偉い!?(自画自賛w)
宝箱浮上の為にコックを閉めて、またぐーるぐると
螺旋階段を上がっていく。

灯台に水を戻すと、予定通り宝箱が浮いている!
さらに、こんな式が成り立った。
浮上した宝箱+床の鎖付き鍵=宝箱開錠!!
おー、やっぱり冴えているなぁ~。
思ったとおり宝箱のふたが開き、中にもう1つの
鍵が出てきました。

これで天井を空けてはしごを上ると、
ガラス張りのドームへ。
目の前に現れるストーンシップ時代の全景。
いやぁ、壮大壮大。(^^)
....なのですが、ここでどうしていいか
解らずに早速攻略サイト様のご助力を賜る。^^;
ヒントだけ貰い先を進める。

目の前にはハンドルと筒状のが繋がった物を発見。
ハンドルは回せるようです。なのでぐーるぐる。
暫く回すと、筒状のにあるメーターらしきものが
反応していた。何か変わったのかな?
また元の場所へ戻っていく。

辺りを窺っていると、どうも横穴に何か変化が
あったようだ。
横穴を覗いてみると、何と明かりがついている!!
あのハンドルは発電機でしたのね。なーるほど。
んで、どうにかして横穴の水を汲み取り、
明るくなった横穴を再度進む。
1つはさっき行った調度品の部屋。
もう1つの横穴にある部屋は、殺風景だけど物が
ごちゃごちゃとある部屋。
そこで、青いページともう1つメモの
切れ端を見つける。
何か中途半端に書いてあるけど、マーカーとか
スイッチとか書いてある。

ん?もっ、もしかして......。(わなわな)

ミスト島にあるあのマーカースイッチですか!?


こんな所でこんな名前にお目にかかれるとは。
でも、残りは中途半端過ぎて解らない。^^;
とりあえずこのメモを理解するのは後回し。
ページが見つかったからには、ミスト島へ戻らないと。
これ以上ストーンシップでやる事は無さそうだし。

という訳で、横穴の階段をてくてくと上っていくと、
途中の壁に模様を発見。
そこをクリックすると、小さな横穴が出てきた。
お、ではその横穴に早速行ってみましょうか。
ちょっと進むと、床に大きなコンパスが置いてあった。
コンパスの周りをクリックしたり調べていると、
周囲に配置されていたボタンを押したみたいだ。

ほちっとな。

あれ、真っ暗?

ブーッ、ブーッ、ブーッ!!

いきなり訪れた暗闇と共に、定期的に鳴り響く
無機質なブザー音。
何か起こるのかな?と思っていても起きず、
ただ闇にブザー音が鳴り響くだけ。


........こわーーーーっ!|(≧□≦)|
おかげで、今日夜怖くて寝れないかも。(^^;

電気が落ちているようで、通路は真っ暗。
うう、怖すぎです。(==;
慌てて出て発電機を回して再チャレンジするが、
結果は同じ。

もう恐怖でパニクって、攻略サイト様のお力を借りる。

どうやら岩山の頂上にある望遠鏡に、灯台の頂上が
映っていた方角のボタンを押すと正解のようだが、
正解を教えて貰っても、どうも理解出来なかったです。
なので、コンパスで北から13個目のボタンを押す。
すると、音楽が変わるが変わった様子が無いので、
外に出て、ボタンで船尾の水を抜くと降り立った地点に
ある船の船室へと続く様になっていて、先に進むと
美しい船室を発見。
更に奥に進むと、机が置いてあり机をクリックすると、
ぬらりと机から本が出てくる。
ミスト島への接続書だ!!いえーい。

見つけたMYSTの本に手を重ねると、何時ものヴーン
という音と共にミスト島のライブラリに帰還。
今日はストーンシップ時代から帰ってきた所で終了。
赤いページをシーラスに還したら何が起こるのでしょうか?
ドキドキわくわくしますです。(^^)

では、今日はこの辺で!さぁて、最後が近いぞぉ~♪

おまけで、今回ストーンシップ時代で見つけた
半分になったメモの切れ端ですが、実はこれには
重要な事が書かれていたのである。
何と、最後の謎を解く為に必要な事が書かれて
いたのです!!
そんな重要な切れ端、もう片方は探せばいいじゃないか
と思う方.......甘いですな。(==;
何と、メモの切れ端はチャネルウッド時代に置いて
あったそうです.....。

そう、チャネルウッド時代に行きたくても、接続書が
もう無いので行けないのです。(あうあう)

まぁ、幸い攻略サイトさんを見れば大丈夫なのですが、
こんなヒント気が付かなければ、さらーりとスルー
してしまいますのでヒントの無かった先人の方々は
厳しいかっただろうなーと思いました。

隅々まで本当にきちんと探そうと思った
今日この頃でした。(^^;
[PR]
by silverrook | 2007-01-17 02:10 | MYST
<< 最後の謎と極寒の地 水の溢れる森 >>